柴犬まるはラグビーワールドカップを応援しています

柴犬まる生誕祭豪華企画!

柴犬まるのお茶
世界最高峰の茶師とコラボレーション第4弾!

2009・2013世界緑茶コンテスト最高金賞を受賞・第五代藤沢マイスター認定茶師佐々木健による
鎌倉の自社製茶工場直営店”茶来未(ちゃくみ)”と柴犬まるのコラボレーション。
毎回発売するごとに数日で完売となる大人気商品が夏らしいパッケージで再登場!

柴犬まるのお茶 美味しく飲むポイント

茶來未のおちゃ

茶來未のおちゃ

近年若者のお茶離れが深刻化している。
生産農家の高齢化や、ペットボトル飲料以外の茶葉の消費量の減少、
また、お茶を飲まない習慣が根付き、日本人の味覚が変化してきたためである。
お茶文化の危機を感じた株式会社茶来未の代表取締役の佐々木健は、
日本茶を時代に応じて旨味を追求し提案し続ける。
未来につなげるお茶の文化を継承するために、未来茶→茶来未という意味をこめて設立。
茶師という仕事は職人業。製茶工場にこもりお茶を磨き、火入れをし、
また、合組みし美味しいお茶に仕上げるのが日常。なかなか表舞台には立たない。
しかし食の安全が謳われる世の中。作り手の顔が他の食物に比べお茶業界ははっきりしない今日、
佐々木は製造・販売両方を担当。実際にお客様の前に立ちお茶を淹れ、
その時々の味のトレンド・嗜好・お茶を取り巻く環境を察知し商品開発に挑む。
お茶業界にとっては茶師が実際に販売することは稀で、
こういった試みが時代に応じたお茶の継承へと繋がっている。

茶来未HP:http://www.chakumi.com/

柴犬まるのお茶 ホットはもちろん ひんやり冷茶も

熱湯と水と氷があればコツはいらない
「茶葉の旨味や甘味は低温で、香りと渋味は高温で出ます。
爽やかな風味を楽しみたい冷茶は、香りや渋味が効いていた方が味が締まりますから、
熱湯で抽出してから冷やします。
湯冷ましの手間はいらないので、温かいお茶よりもずっと簡単な手順で、
気軽においしく味わえるんですよ」と佐々木は語る。
美しい色合いに爽やかな香りと甘味、そして上品な渋味。
この手軽さとおいしさを知ってしまうと、もうペットボトルには戻れない。

冷たくさっぱり飲める冷茶

■□おいしい冷茶の淹れ方□■

・深蒸し茶

1.熱湯を注ぐ
2.別の容器に濾して濃度を均一にする
3.氷をたっぷりと入れた器に注ぐ

・浅蒸し茶

1.熱湯を注ぐ(20mlほど)
2.茶葉が湯を吸って開くまで蓋をして2分ほど待つ
3.常温の水を80ml注いで2分ほど置き、氷を入れた器に注ぐ
柴犬まるのひんやり煎茶 柴犬まるのひんやりほうじ茶 柴犬まるのひんやり和紅茶


柴犬まるのひんやり煎茶


日本茶の代表ともいわれる煎茶は、産地や品種によって味が変わるのも特徴です。温暖な鹿児島で自然の恵みをたっぷりと受けて育った良質の茶葉を使いました。旨みと水色(※)のバランスのとれたお茶に仕上げました。

※「みずいろ」ではなく「すいしょく」と読みます。湯飲みやカップに注がれたお茶の色のことです。


柴犬まるのひんやりほうじ茶


上質な茶葉と茎を丁寧に焙煎し、強火でじっくりと火入れしたほうじ茶は体をじんわり温めてくれるような香ばしさです。
手間隙かけたお茶は飲む人の心を穏やかにし、そして丁寧な気持ちを思い出させてくれます。


柴犬まるのひんやり和紅茶


その歴史は古く、明治7年(1874年)紅茶製法書を編集し、各府県に配布されました。現代では国産紅茶の生産量は緑茶に比べ極端に少なく、貴重な原料です。優しい香りと風合いが特徴です。


掛け紙のデザインが選べる♪お茶専用ギフトBOX(2個・3個用)もご用意しております。

掛け紙のデザインが選べる♪お茶専用ギフトBOX(2個・3個用)もご用意しております。


美味しいお茶の淹れ方 お茶を飲むといいことたくさん

MARUTARO SHOP